イヤな感情が渦巻く

同居中のこと

こんにちは、ぷりざるです。
心の自由を目指して頑張ります。

朝のウォーキングに行ってきました。晴れるんでょうね、太陽が水面に反射しており、自然の美しさに触れ、気持ち良く歩くことが出来ました。ただ風が冷たかった(>_<)日中は暖かくなっても、朝はまだまだ寒いなあ。そんなことに安堵します。

そんな気持ちの良い朝を迎えて、テンションも上がってきたので気合を入れて、義両親宅に残っていた荷物を取りに&掃除に行ってきたんです。
やっぱり行かなきゃよかった(^-^;まあ行かなきゃイケナイんですけど、荷物あるから。私、会ったの2週間ぶりですよ、なのにどうして人を傷つける言葉をあんなにツラツラツラツラ吐けるんでしょう。そして、毒を吐いてることを全くと言っていいほど気付いていない。
帰り際、義母「孫にたまには寄るように言ってくれ」
夫&私「だから、それは、会いたくないって言ってるから」
さらに「来るわけねーだろ」
義母「お父さんとも話したけど、あんたらがそう仕向けてるんじゃないのかね」
夫&私「そんなわけないじゃん!Σ(・□・;)」
義母「だって、孫はそんな子じゃない、ちゃんと話してたもん」
「いいですよそれで。私がそう仕向けたんです。そう思っててもらって構わないですよ」
と言い残し、背を向けて帰ってきました。
もう二度と会わなくてもいいですか(‘ω’)ノバイバイ

孫が祖父母に会いたくない。そう言ってる事実に目を向けてほしいのに、全く反省しようとしないどころか、結局私たち、イヤ、私のせいだとしか考えられないその思考。なんであんなに自分のことを好きでいられるんだろう。どれだけ自分に自信があるんだろう。と思う反面、その自信は見習いたい。どういう人生歩んだらあんな自信が育つんだろう。でも、一緒に暮らしたいと思うなら、歩み寄らなければ解決なんてできるわけナイですよね。私も出るときは高齢の義両親を心配しておりましたが、もういいのかなあ。「人として―、高齢だから―」なんて心配してたけど、同情する余地もない人たちかもしれない。とても強く生きてらっしゃる。
しばらくは会いたくないです。イヤ、もうずっとこのまま会いたくない。
心をぎゅっと握りつぶされる感じ。イヤな感情が渦を巻いて、体中に毒が渦巻いてくる感覚。私には合わない。声も聴きたくなければ、もちろん顔なんてみたくない!
出てみたら、同居時代はどう堪えてたんだあ(・・?
私、忍耐力すごいじゃん!!

同日に夫の弟さんともたまたま会って「出たんだね、正解だよ!自分たちは何も悪くないって言ってたからね」とのこと。弟さんも否定し、反省を促したけど、話してる途中で「何を言っても通じないな」と思って話を止めたそうです。

また辛こと思い出してしまうけど、時間が解決してくれるかな。元来、忘れるのは早い方だから、徐々に今の生活に染まりたい。こんな楽な生活ないもーーん(^^♪

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました