冷蔵庫の中は

同居中のこと

こんにちは、ぷりざるです。
心の自由を目指して頑張ります。

昨日は風が強かった。
いつもこのくらいに時期に鼻の調子が悪くなる。もちろん花粉症で、スギ花粉は気をつけてるんですが、このGWくらいに鼻を刺激してくるやつは誰なんでしょう!毎年ヤラれるくせに学習しない私は、結局今年も得たいの知れないやつにヤラれてます。グズクズです(ノД`)



同居してるときの食事は、朝昼は別々で、平日の夕飯は姑が、土日は私が作ってました。
わたし、どちらかというと結構食べるほうだったんですね。それが、いつの間にか少食になってたんです。白米なんて最後は3口でお腹いっぱいになる量。どこでそうなったか覚えてないんですが、どんどん食欲がなくなって、家で食べるものなんて空腹が満たされればいいやーって感覚でした。美味しいか不味いかなんてわからない。食べたいものなんて何もなかった。料理するときって味見しながら作るんですけど、味見しても味見がわからないから、家族が食べたときにショッパイ!とかアマイ!とか。
なのに、朝ごはんやお弁当の時はちゃんと味がわかるんですよ。本当に今思えばーーなんです。
そして「今思えば」は続きます。朝ごはんやお弁当作るときの味はわかってました。でも、夕飯作りは味がぼんやりする。お料理サイトみても、調味料とか全然頭に入らなくて何度も何度もレシピ観てました。
多分緊張してたんですね。10+α年、緊張しながら夕飯作ってたんです、たぶん。同居解消した今は、レシピなんてみて作らないですもん(-.-;)適当に作ってもだいだいの味になる。あっ、元々そんなに料理は得意じゃないんです。でも食べるなら、スーパーの惣菜よりは手作りしたいと思ってしまうんです。味は薄めが好みなので。




義両親は大食い早食い偏食でしたね。
朝は起きてこないし、起きてきても食べてるのか食べてないのか、よくわからなかった。朝からカップラーメン食べてることもあれば、15時16時くらいにパンとかカップラーメン食べ出して、私が作った夕飯は残す、みたいな。スーパーの惣菜常備して「うまい、うまい」と食べてました。
平日の姑の夕飯もほぼスーパーの惣菜並んでました。きっと惣菜好きなんでしょうね。いつもショッパイもの食べてましたから。でも、冷凍食品はバカにしてました。何故かはわかりません。「お弁当なんて冷凍食品ばっかりだろ」って鼻で笑ってました。
もちろん冷凍食品使いますよ!便利だし、美味しい上に早い(^o^)何が気に入らないんだろうか。

野菜とかもね、使わないくせに買ってくるんです。ある時キャベツ丸ごと3個と舞茸3パックありました。いつ使うかなぁと思って手を出さないで、見守っていたんです。一ヶ月経ってもそのまま残ってました。キャベツは冬だったので生き残ってたのですが、舞茸ヤバい(-_-メ) たまたま一パックシチューに使っあり、子どもに食べさせるのが心配で、怖いけど直ぐ味見。さすがに吐きそうでした。姑は私以上に味覚音痴です!普通に食べてるんだもん。私は残しましたよ、夫と子どもの分も阻止しました。

そういえば、シチューにピーマン入ってることもありました。姑はね、シチューやハヤシライスをよく作ってました。ピーマン入りのシチューはね、厳しいです(>_<)子どもも「いらない」って言います。「ピーマン嫌いなの?」って聞かれるけど、ピーマンが嫌いなんじゃなく、ピーマン入りのシチューは無理なんです!なんてことは言えないので「あんまり好きじゃありません」って言ってました。ピーマンもカビが生えるまで野菜室で熟成されてますので。そのピーマンもある時4袋あったので、さすがに「ピーマンたくさんあるけど、どうしたの?」と聞いたこともあります。そうしたら義両親共々「買ってきてない、誰が買ってきたんだ!」
頭真っ白ですよ。ナゼかこれまた私が買ってきたことになってるんですから。心がキャパオーバーです、そんな事言われるなんて予想できないですもん。
もはや言葉は意味を持ちません。

過去の出来事思い出してこの日記を書いています。日々の日記って中々続かないのですが、こう書いて(打って(・・?)いくと心が整理されてくる。こういう事がイヤだったんだなあと客観視できる。それから「こんな状況だったから、同居解消したのは正解」だと自分に言い聞かせたいんでしょうね。同居解消してから心が身軽でどこかフワフワしてるんです。こんな幸せでいいのかなあと、勝手に罪悪感を感じてしまう。今の生活が普通なはずなのに。人はなぜ幸せだと怖くなるんでしょうね。幸せになりたいと願ってるはずなのに、手に入ると急に怖くなる。苦労してる方が安心していられる生き物、ってことなのでしょうか。もう少し月日が経てば見えてくることがあるのかな。







コメント

タイトルとURLをコピーしました